えんさいのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS パプアの子どもたちの笑顔 ! ベヒール小学校

<<   作成日時 : 2010/08/29 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




今回はベヒール小学校の子どもたち。

マダンから南にくだり、西の山の中にはいる。
ジャングルの中を四輪駆動車で走ること約30分、
ハヤップ村に到着。
ハヤップ村の子どもたちと手をつないで、
ジャンル・ウォークをしながら、
ベヒール小学校に向かい約40分歩くのが、
もう恒例となっている。
ガイドのビジービーと数年前から始めた。

ベヒール小学校に到着すると、
校長と話しをしていると、
10年来の友人のヴィンセント先生が顔を出す。
学校の脇に住んでいるので家族ともお付き合いをしている。
片言の日本語を操りながら、
お互いの健康を祝福する。

校長と各教室をまわりながら子どもたちと話しをする。
時には授業を受け持つこともある。
日本とパプアの違いを話したりもする。
去年は、ちょうど4年生が「俳句」の授業中だった。
芭蕉の句を詠んで英訳したら、
かなり喜んでくれた。

時には、授業をストップして、
我々との交流の時間を作ってくれることもある。

今回はその パート1




画像



画像


これが教室、もちろんバラックだ。
最近新しい、きれいな教室ができた。



画像


ヴィンセント先生の授業、一緒にやる。


画像



教室の壁に貼ってあった絵。
日本などがジャングルを切り開き、動物が逃げまどっている。
「みんな幸せかーい?」と質問したら、子どもたちがそろって、
学校の周りを指さしながら、「こんなに自然が残っていて、幸せだよ」と答えた。
その幸せを壊しているブルドーザーの絵が、妙に気にかかった。



画像


持って行った色紙で折り紙の授業をする。
折り鶴は難しくて、飛行機や紙風船に変更。




画像


お昼のお弁当を教室の脇で食べ始める。
ヤムイモ・タロイモを持っている子、
バナナをなん房か持っている子がいた。



Photo by Mattzu
Copyright(c)2001〜  MATTZU All Rights Reserved

パプアニューギニア・セラピューティック・ツアー参加者募集
参加されたい方は、6名限定で募集します。
性別や年齢は問いません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

パプアの子どもたちの笑顔 ! ベヒール小学校 えんさいのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる