えんさいのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラバウルの火踊り その2

<<   作成日時 : 2010/09/30 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





ラバウルの火踊り パート2 です。

この火踊りは、この地域に住むバイニング族独特のもので、
太鼓を使わない。
シンシンダンスの多くは、
クンドゥという太鼓を使用する。
しかし、この火踊りは竹を何人もで、
縦にしてそのまま落とす感じで地面に叩く。
真っ暗闇の中で叫び声を上げながら、
リズミカルに音を出す。
灯りは広場の真ん中のたき火だけだ。
フラッシュでやっと写真に撮ることができる。

そして、神の化身として大きな蛇が持ち込まれる。
長さはゆうに2mは越える、ほぼ3mはあるだろうか。
目が大きく口は平たい。
男の子が火のそばに運んでくる。
英語で毒を持っている蛇なのか聞いたが、
なかなか通じなかった。
ピジン語でないと分からないようだった。

シンシンショーのダンスとは違って、
宗教儀式のひとつとして見ると良いだろう。




画像



画像



画像



画像




画像



画像



画像







Photo by Mattzu
Copyright(c)2001〜  MATTZU All Rights Reserved

パプアニューギニア・セラピューティック・ツアー参加者募集
参加されたい方は、6名限定で募集します。
性別や年齢は問いません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

ラバウルの火踊り その2 えんさいのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる