えんさいのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS パプアの子どもたち その3

<<   作成日時 : 2010/10/20 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




今週は、引きこもり関係の講演や相談が毎日入っているため、
思ったように更新ができませんでした。

内閣府の発表でも、
引きこもりが70万人強、
親和群(引きこもり予備軍)が155万人、
対応策に追われ予防策まで手が回らない状況だ。

小生のセラピューティックな考え方の必要性も、
毎回講演しても、90%以上の成果も、
なかなか気付いてもらえない。

「〜しなくてはならない」
「〜しないと…になれない」
「〜しないと駄目だ」
「だから〜させる」ばかりでは、
けなしてばかりでやる気など起きる訳がない。
その上働け働けと上から目線での小言や、
会社に勤めていなければ人間ではないような、
初めに就労ありきでは息もつけない。

意欲や活力がそんな支援の方法で育つ訳がない。

まず心の平安、癒し、自信を取り戻すことから、
心の傷があればそれを癒してから、
自律・自立の道標を、夢や希望を叶えるヒントを
アドバイスを通じて、
少しずつ自分の力で獲得する方がよい。

すぐに学校に戻したり、職場に戻したり、
そのための訓練をすることは必要だが、
まず意欲や活力を取り戻したり、
生まれ変わりたいという気持ちに答えたり、
それらの為の準備やきっかけ作りにも力を入れたいものだ。
それは彼らを理解することから始まる。

そんな方々のためにも、
ほのぼのとした写真をお届けしたい。

30代のウツっぽい人たちや(新型ウツも含む)
人間関係に疲弊した人たちにも、
是非ネイチャー・セラピーや
アドベンチャー・セラピーを
体験してもらいたい。


明日も講演でいません。


今回は、マーケットなどでの子どもたちの写真






画像


マイル・マーケットで見かけたかわいい女の子たち



画像



上の写真の子のそばにいたけれど、
姉妹なのか兄弟なのか分からない。



画像



水上家屋にひとりで訪れたときに、
顔を出してくれた少年、いや少女なのかなあ。はにかみやさん。



画像



フィッシュ・マーケットに座っていた親子


画像



クランケット島にある家に帰るため、
水上バス(普通の小舟に目一杯乗せる)を待っているところ


画像



同じ場所で揚げパンをたくさん持っていた子どもたち
家族用なのか村用なのか、英語が通じず、
ピジン語も返事がなかった。
ただ微笑んでいたのが印象に残る。





Photo by Mattzu
Copyright(c)2001〜  MATTZU All Rights Reserved

パプアニューギニア・セラピューティック・ツアー参加者募集
参加されたい方は、6名限定で募集します。
性別や年齢は問いません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

パプアの子どもたち その3 えんさいのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる