パプア、日本人で最初の洞窟探検! その1




マダンから車で約1時間、
四輪駆動車でないと上れない悪路を走り、
やっと小高い場所がセイン村。
日本人として最初に入った村だ。

ここから先は初めて分け入る道を通り、
日本人と最初となる洞窟探検だ。
現地の人たちを除くと、
イギリスの研究者がひとりだけ来たそうだ。

小高い場所から山道を下る、
あまり人が通ったことのない道だ。
ブッシュナイフで枝を落としながら進む。

小川に突き当たる、小休憩。
往復30分もあればといわれていたのに、
もうその30分が過ぎてしまう。

ゆっくりと洞窟にはいる。
中は真っ暗で向こう側も見えない。
懐中電灯をあてにして進む。
僕自身も用意していたから助かった。

10分くらい暗い中を進んだのか、
やっと向かう先が明るくなってくる。
足下の水は冷たくて気持ちよい。
じゃぶじゃぶ音を立てながら進むと、
急に目の前が開ける。

美しい森と水のコントラスト。

まずはその時の写真を見てもらいましょうか。
今回は洞窟に到着するところまでです。




画像



彼がセイン村を案内してくれました。
奥さんは、小学校の先生で、
洞窟から戻ったときに挨拶を交わしました。



画像



画像



画像



画像



道というよりも、丸太の上を歩くところもある。
よく下を見ると小川だったりして、橋になっている。
先頭はみんなが安全に通れるように、ブッシュナイフを振りかざしながら、
ゆっくりと前へ進む。



画像



入り口で休憩して、
いざ洞窟へ向かう。



画像



画像







Photo by Mattzu
Copyright(c)2001~  MATTZU All Rights Reserved

パプアニューギニア・セラピューティック・ツアー参加者募集
参加されたい方は、6名限定で募集します。
性別や年齢は問いません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック