テーマ:アドベンチャー・セラピー

久し振りに更新です。

今年、休みが全然ありませんでした。 1月1日のみで、全く休みという休みがありませんでしたが、 本日12月30日に、今年2回目のお休みが取れました。 それでやっと更新ができた次第です。 今年もあと2日。 来年は何回かパプアに行きたいですねぇ。 ネイチャー・セラピーを後継してくれる人いませんか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水上の村 その2

今回もモツ族の水上家屋です。 村の子どもたちに囲まれて、 いろいろな大騒ぎをしながら、 家々を見せてもらうことにした。 グラグラ揺れる海の上の道を歩くと、 あちこちから声がかかる。 挨拶をしながら先へ先へと進む。 一番先の家まで行くと手招きされた。 おじいちゃんがこちらに来いと言う。 お言葉に甘えて近づくと「日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水上の村 その1

またまた、久し振りに更新します。 ここのところ引きこもりの講演会や相談会が、 たて続きにありました。 またこの6月は梅雨に入り、 ウツ的症状の相談が山のように来ており、 平均睡眠時間が3時間を切るほどです。 さて、今回はモツ族の村です。 パプアニューギニアの水上部落と、 呼ばれたりしているのですが、 この村…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パプア 洞窟探検 その2

前回の続きです。 洞窟の内部はかなり暗く先が見えない。 懐中電灯の先に昆虫が。 どんな虫なのかよく分からない。 真っ暗な先を、女の子はガイドに背負われたりして、 奥へ奥へと進む。 やっと明るくなって外に出てみる。 太陽がまぶしい。 濡れないように先に進むと急に目の前が開ける。 あれだけ濡れないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パプア、日本人で最初の洞窟探検! その1

マダンから車で約1時間、 四輪駆動車でないと上れない悪路を走り、 やっと小高い場所がセイン村。 日本人として最初に入った村だ。 ここから先は初めて分け入る道を通り、 日本人と最初となる洞窟探検だ。 現地の人たちを除くと、 イギリスの研究者がひとりだけ来たそうだ。 小高い場所から山道を下る、 あまり人が通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パプアの無人島と海 ロロアタ

前回はマダンの無人島だったが、 今回は、ロロアタの無人島とその海。 ライオン・アイランドだ。 マダンからは南に約500km以上、 首都のポートモレスビーがあり、 空港から約20kmのところにある島が、 ロロアタ・アイランドである。 そのロロアタ・アイランドから、 船で5分くらいのところにある、 ライオン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パプアの無人島と海

パプア・マダンの沖にある無人島、 ピグアイランドです。 青い空、青い海、われわれ以外誰もいない海です。 島に上陸してシュノーケルの準備、 白い砂浜に寝そべってから海にはいる。 目の前にコーラルが広がる。 青珊瑚にテーブル珊瑚、 深さは1mもないので、手に取れそう。 ニモにもつつかれる。 辺り一面、紫色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒し系動物のクスクス Part 15

クスクスの写真。 ロロアタ・アイランドのクスクス。 パプアニューギニアの首都ポートモレスビーから、 約20分ほど車に揺られて南の方にくだる。 マングローブが生い茂る桟橋に着くちょっと前に、 馬を見かけることもある。 桟橋から、また15分くらい船で南下する。 細長い島が見えてくると、そこがロロアタ・アイランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイミー 小魚の塊!

パプアニューギニアには、 3月に行くとスイミーが見られる。 小魚の塊である。 海岸のあちこちに、黒い塊がゆっくりと、 右に動き、左に動いている。 近くに行くと、小魚が塊になっている。 時々は、大きな魚のような形になり、 目の部分だけ隙間があり、 思わずスイミーそのものを見かけることもある。 カヤックでそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルビル村のシンシンダンス の続き

先日の続きの写真です。 日付も違います。 これは、広場ではなくて、 特別にわれわれだけに見せてくれたシンシンダンス。 真夏の12月、クリスマスに合わせたシンシンダンス。 前回の続きの写真です。 今は、この場所ではなく広場でダンスを披露している。 先頭を大きな声を出して村長が木の周りを、 踊りながらゆっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルビル村のシンシン・ダンス

ビルビル村のシンシンダンスを 以前とは別の角度から見たところです。 ビルビル村はマダンの中心街から スーパーハイウェイで南に向かい、 約20分くらいのところにある。 ハイウェイから左手海側に入ったところにある。 途中さご椰子がたくさん生えているので、 その先に家々が立ち並ぶ。 村の中央に広場があって、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハヤップ村から丸木橋を渡り・・・

ハヤップ村は、極楽鳥を見ることのできる村だ。 日本人として最初に行ったときに、 ここが後の観光ルートになるためだった。 何回か行った後、食事を出すようにもなった。 ヤムイモやタロイモ、バナナなどをココナツミルクで煮たものだ。 米を持って行って、炊き方も教えた。 醤油を入れて、それでおにぎりの作り方も教えた。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無人島で泳ぐ。 美しいコーラル。

マダンから小舟で15分、 ピグアイランドに到着。 目の前に美しいコーラルに囲まれている。 白い砂浜に腰を下ろし、 誰も周りにいない無人島を満喫。 真っ青な海色の青と空色の青。 写真などではその微妙な色合いが、 うまく見せることはできない。 みんなで心のシャッターを何度も切る。 周囲の人間関係に疲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウミヘビ で~す。

昨日のブログに書いた、ウミヘビです。 とても人なつっこくて、陸地にあがってきました。 ちょうど海沿いのレストランで、 食事をしようとしたところ、 足下で何かうごめいていることに気付き、 踏みつけないように咄嗟に飛び退きました。 海からそのまま遊びに来たようです。 長さはだいたい1m40~50cmくらい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東スポさんの ビルビル村のシンシンに関して!

東スポの名物記者(安藤文薫さん)の、 サプリメント・ブログ「ビルビル村のシンシンダンス!」に、 ミスが見られました。 http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=8464 東スポだからいい加減だといわれても、 記者魂はなくさないで欲しいものですね。 せっかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水上に建てたモツ族の家々。

パプアニューギニアの首都は、 ポートモレスビーである。 その国際空港であるジャクソン空港に舞い降りる。 空港の周囲一体、ジャングルらしきものは見えない。 あれだけ空から見るとどこまでも続いている ジャングルが見ることができない。 日本がチップとして山肌までも刈ってしまったからだ。 その後には、アカシアしか植えられていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラバウルでのファイアーダンス(火踊り)と蛇 !!

パプアニューギニアのラバウルといえば、 太平洋戦争の激戦地のひとつだ。 そこの部族のファイアーダンスを見せてもらった。 真っ暗な広場の中心に白い何かがかすかに見える。 そしてたき火のようなものが焚かれる。 竹を叩く音楽が始まる。 そのうち真っ暗な闇の中から、 白いかぶり物をかぶった大きな物体が、 上下に動いているのがかす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無人島の木陰で、本を読む。

船をチャーターして、ライオン島に向かう。 強い日差しの中を、しぶきを上げて小さな船で行く。 モーターの音で声が聞こえない。 顔にかかるしぶきが気持ちよい。 ライオン島の尻尾にある唯一の砂浜に、 船から飛び降りる。 無人島に上陸。 まずは、火照った身体をさますために、 シュノーケルで珊瑚の海を泳ぐ。 たまに少しでも良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人として最初に入った洞窟の先に、かわいらしい滝が!!

村の若者と洞窟を目指す。 獣道のようなブッシュの中を歩き、 急な坂を下った先に、 大きな洞窟の入り口が見える。 ここの道を歩くのも、日本人としては最初らしい。 洞窟も、日本人として一番最初に入るそうだ。 以前イギリスの自然学者がひとりだけ入ったとも聞いた。 ふたりの小学6年生が先頭で、 懐中電灯をかざしながら踏みいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bird of Paradise (極楽鳥)を見る。

ここパプアニューギニアの国鳥、 「極楽鳥」はなかなか見つからないと言われる。 今まで、いろいろな若者たちを連れて、 ネイチャー・セラピー、アドベンチャー・セラピーのツアーを実施し、 たぶん20回ほど訪れているが、 幸運にも、極楽鳥には100%出会っている。 でもなかなか写真には撮ることができない。 野生のオーキッドが咲いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

でかくて、へんなコウモリ

世界一大きなコウモリ、 フルーツバット、 朝方と夕方には、空を覆うくらいに飛び回っている。 羽を広げると1m以上にもなる。 でも、レーダーを持たない、 たまにミートマーケットで売られている。 石を投げて、当たって、落ちてきたら捕まえるらしい。 美味しいということだが、 まだそのチャンスがない。 村でペットにしている少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無人島に行く

無人島、ピク゜アイランド。 海はどこまでも澄み、美しいコーラルで囲まれている。 テーブル珊瑚や枝珊瑚、青珊瑚が群生していて、 カクレクマノミが遊んでいる。 無人島の木陰で本を読みたいと、 日本から準備してきた少女が本を開く。 どこまでも真っ青な空と海。 Photo by Mattzu Cop…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一面ジャングル、絶景かな。

絶景かな。絶景かな。 辺り一面、これが本物のジャングル。 ブッシュ・ウォークで村から小学校へ。 丸木橋を渡り、獣道のような細い道をアップ・ダウン。 バニラ畑の横を通り、 バナナ園からまたブッシュの中を歩く。 手をつないでくれている村の子どもたちが 先導してくれる。 開けた場所からパノラマのようなロケーション、 蛇行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーリング・セラピスト、参上!

はじめまして。「えんさい」です。 イルカ・セラピスト、ネイチャー・セラピスト、アドベンチャー・セラピストです。 ★ブログを書こうと思ったきっかけは? 少しでも、ヒーリング・セラピーをしたいなと思いました。 ★どんなブログにしたいですか? 見ただけで「癒し」を感じることばや写真。あまり目にしない動物や、パプアニューギニア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more